医療事務業務で困った時の対処法とは

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 医療事務 資格

基本、2年に一度行われる診療報酬改定に伴いベテラン医療事務でも分からない事があったりします。
解釈が難しく、理解出来ない内容のものがあった場合は迷わず質問です。

どこに質問すれば良いのか?
一番確実なのは専門機関です。

該当する患者さんの保険請求先である国保連合会等へ問い合わせをして教えて頂くことも可能です。
その際に医療機関名と医療機関コードを伝え、内容によってはFAXで質問させて頂く場合もあります。
勿論、自己解決出来るものは自力で何とかしますが。

他には契約しているサポート会社も情報が多いので質問すると回答してくれます。
医療事務つながりで他の医療機関で情報を得る事もあります。
レセコンの操作などで困った時はサポート会社が対応してくれますので安心です。

新しく医療事務として働く場合は、まずは先輩事務員に相談し、アドバイスしてもらいましょう。
医療機関ごとに独自の決まり事があったりしますから、経験者であっても勝手な判断で行動せず【ほうれんそう】です。
患者さんからの質問で困った時なども助けてくれるのは先輩医療事務員ですから。

困る時の内容も様々だと思います。
ある程度の自信があっても頭を悩ませる事は出てきます。
その場になってみないと分からない事も多々あります。
どんな状況でも何とかなるものですので、医療事務としての誇りをもって落ち着いて臨機応変な対応を心掛けて乗り切りましょう。

関連記事

久しぶりに病院を受診して思ったこと

我が家では、普段風邪をひいて困った時には、車で10分くらいの行きつけのクリニックで診てもらいます。

記事を読む

医療事務の資格をとって病院に転職した友人

私は商業高校で簿記の資格をとりましたので、高校を卒業後は大手の企業の経理の仕事につきました。

記事を読む

医療事務という現場での注意点とは

医療事務を行っていると色々な患者さんがいるので、トラブルを起こさない事が何よりです。 クレーマ

記事を読む

今年度の確定申告は医療費控除をします

今年度は私が体調をなんども崩してしまったため毎月のように病院へ通っていました。 主に内科と耳鼻

記事を読む

病院、患者それぞれに出来ること、望むものがあるので

だれでも万能ではないので、病気になる可能性はあるし、実際に、病気になれば、病院のお世話にならざるを得

記事を読む

PAGE TOP ↑