病院、患者それぞれに出来ること、望むものがあるので

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 医療事務 資格

だれでも万能ではないので、病気になる可能性はあるし、実際に、病気になれば、病院のお世話にならざるを得ないことにもなります。

風邪などで受診するには、そんなに問題はなさそうですが、中には、何でもすぐに抗生物質を欲しがる人がいるとか聞きます。

私など、本当に主治医に見てもらう前の日には、感染症と思われる賞状があって苦しい思いをしたにもかかわらず、抗生物質が出なかったこともあります。

ドクターが検査して、必要と認めなかったのだから、私も普通の風邪薬で経過を見つつ治癒を待ちます。

昔は、病院に行ったら、先生の言う通りにしていれば良いのだと言う感じで、先生にお願いするなんてことはなかった気がします。

インフォームドコンセントなどと言う言葉もセカンドオピニオンなどと言う言葉も昔は聞いたことがありませんでした。

それだけ、患者も家族も、病院も、みんなが病気を治すために、または、寄り良い状態で生活出来るように考えるようになったということです。

先生や病院には出来ること、出来ないことがあり、患者が望んでもかなえられないこともあります。

特に入院、退院はその一例で、通常の食事もできない状態で退院、すぐにまた救急で家族を病院に送りこんだこともあります。
双方の思いがかみ合わない、そういうこともあるのです。

 

関連記事

医療事務の資格を持っていても役に立たない

医療事務の資格を取って、運良く病院への就職を勝ち取った勝ち組。 しかし業務内容はそんなに甘くは

記事を読む

患者の事を知りすぎる親切な病院

病院に行くのはとても気が引ける。 痛いとか具合が悪いとか仕方がなくいくしかないのだが、病院の看

記事を読む

医療事務という現場での注意点とは

医療事務を行っていると色々な患者さんがいるので、トラブルを起こさない事が何よりです。 クレーマ

記事を読む

病院の病室の広さはきまっているの?

子供が2歳を超えたので、スキー旅行へと長野県に出かけました。 ついた当日はとても元気でしたが、

記事を読む

医療事務業務で困った時の対処法とは

基本、2年に一度行われる診療報酬改定に伴いベテラン医療事務でも分からない事があったりします。 解釈

記事を読む

PAGE TOP ↑