人気がある病院でも自分の合う所を選びたい

公開日: : 病院

私が初めて赤ちゃんを産んだ病院の話です。

検診はいつも患者さんが多く、予約をしてても終わるのは1時間半後は当たり前でした。診察も流れ作業で言葉も少なめですが、体調も絶好調のマタニティ生活だったので私にはこのペースが丁度でした。

臨月を迎え、予定日を過ぎてもなかなか生まれて来ない赤ちゃん。

そして陣痛がやって来ました。5分間隔で苦しむ中、まだ子宮口が全く開いてないのでと家に帰されました。もうどうっちでもいいから入院させて、と思いながらも2日間家で苦しみました。

朝の検診で見事に破水をし、長い苦しみを終えて無事赤ちゃんを産みました。産むまでは助産師さんの言葉が神の声に聞こえ、人気の病院だけあるなぁと思っていました。

しかし、産んでからの事です。おっぱいのあげ方が分からず助産師さんに聞いた所、3日間はお腹に栄養を持ってる赤ちゃんだからとりあえず乳首をなめさせてくださいと言われました。

そして2日後に赤ちゃんが泣き続け、ナースコールを押すと”お母さん、おっぱいもあげずに何やってるの!”助産師さんにきつく言われました。

何の事か分からず、いきなり搾乳してコップで上げるように指導されました。

おかしくない?何で吸わずにコップなんですか?聞く事も分からず、他のお母さんの指導で手いっぱいの様子に助産師さんに話し掛ける事もできなかったです。

沐浴の指導や授乳室でおっぱいをあげる等、全く知らなかった私は、入院中全くおっぱいを吸わせる事ができませんでした。母乳育児を希望してたのに、もう遅かったようです。

退院してすぐに乳腺外来に行き、色々と努力しましたが母乳育児は叶いませんでした。今でも悔いが残っています。

服がびちょびちょに濡れるくらい、おっぱいは出てたのに赤ちゃんが吸えなかった悔しさでいっぱいでした。

分からない事を聞けなかった私にも責任はありますが、出来たはずの母乳育児を諦めなければいけない私の悔しさは底しれません。

関連記事

病院と患者の信頼関係と医療について考える

私は【うつ】を患っていて、病院のお世話になっています。 私の場合は、うつはだるくてやる気が起こ

記事を読む

病院の整形外科で腰を診察してもらってきました。

私は先月から突然腰が痛くなりはじめ、その痛みがあまり我慢の出来るものでは無くなってきたため、昨日隣街

記事を読む

医療によって受けた恩恵と失望感

母が難病を抱えていたため、長い間、病院と関わる生活を送ってきました。 病院は数あれど、病気が判

記事を読む

自分に合った病院を探すことについて

当然ですが、生きている以上はだれでも心身に支障をきたすことがあります。 ある程度ならば自分で薬

記事を読む

PAGE TOP ↑