医療事務の就職先はいっぱいあります

公開日: : 最終更新日:2016/03/23 医療事務 資格

医療事務として働く場所は、たくさんあります。
病院・医院・クリニックなどは勿論のこと、介護施設・リハビリ施設・調剤薬局・ソフト開発会社・スクールなどです。

介護施設は介護事務とも呼ばれていますが、基本は医療事務の仕事内容と変わりありません。
応用をきかせ十分対応可能です。

調剤薬局も調剤事務、薬局事務と呼ばれていますが、やはり基本は同じです。
院外処方を扱うドラッグストアなどでも仕事はあります。

少し変わったところで、医療事務の経験が役に立っているのがソフト開発会社です。
ソフトを開発するにあたり、医療事務の知識は必要不可欠ですから重宝されます。
しかし、ズバ抜けた知識でないと務まらないとは思いますが、会社員として働く医療事務の例です。

他にも派遣やスクール講師、レセコンのインストラクターなど働く場所は様々です。

経験と知識があれば全国どこでも活躍の場はあるのですが、実際に就職となると難しいのも現実です。
一人の採用枠に軽く数十人の応募があるので、倍率は物凄く高いです。
正社員として就職するのが難しい様なら、とりあえずパートや派遣として経験を積んで、次なる目標を立てるのも一つの手かと思います。
受付やカルテ搬送などレセプトに携われないとしても、医療機関での勤務経験にはなります。

関連記事

医療事務という現場での注意点とは

医療事務を行っていると色々な患者さんがいるので、トラブルを起こさない事が何よりです。 クレーマ

記事を読む

医療事務の資格をとって病院に転職した友人

私は商業高校で簿記の資格をとりましたので、高校を卒業後は大手の企業の経理の仕事につきました。

記事を読む

人気の医療事務の仕事にはどんな人が向いているか

女性の資格取得で人気ランキングに必ず入るのが医療事務の仕事です。 資格を持っていれば面接でのア

記事を読む

病院、患者それぞれに出来ること、望むものがあるので

だれでも万能ではないので、病気になる可能性はあるし、実際に、病気になれば、病院のお世話にならざるを得

記事を読む

外見は立派で大きな病院の中で感じた事

友達が、病院に入院したと聞いたので、お見舞いに行きました。 手術をした、という事で、私が行った

記事を読む

PAGE TOP ↑